日本漢方紫雲膏30g

本品は、江戸時代の名医“華岡青州”創案の軟膏で、「外科正宗」に収載され
今日まで受け継がれて来た外用の漢方薬の代表的なものです。

<効能・効果>
ひび、あかぎれ、しもやけ、魚の目、あせも、ただれ、外傷、火傷、痔核による疼痛、
肛門裂傷、湿疹・皮膚炎
<成分・分量>
本品1gは、トウキ 0.08g、ミツロウ 0.30g、シコン 0.12g、
豚脂 0.03g、ゴマ油 1.00gより製した軟膏剤です。
<用法>
清潔にした患部に1日2〜3回すりこむか又はガーゼ等に塗布して貼ってください。
販売価格 2,052円(税152円)
定価 2,160円(税160円)

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ